世界遺産ってどうなの?

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です

昨今、

NHKでも"世界遺産ってどうなの?"

のような特集も組まれたりして、

頭の片隅にはあったのですが、

自発の前に、

とうとう知り合いの新聞記者さんから

白川郷って、

世界遺産から一度は蹴飛ばされた富士山に

なりかかっているような気がする。。等々

っと、

ツッコミ(笑)が入ってしまったので、

ちょっと立ち止まります!

飛騨高山なども学生の頃は、

大正ロマンを前面に押し出した街づくりをしていて、

こんな方法があるんだ。。っと

思った記憶があるのですが、

最近では外国人観光客も増え、

角を曲がれば飛騨牛ステーキ

さらに、

角を曲がれば飛騨牛ステーキ

といったことになっているそうです。。

多分、

韓国旅行で外せないグルメ!

。。。みたいなコトだと思います。

そもそも、

ストック型社会。。を書いているのも、

現在、

大阪府の人口なみに存在する空き家の数は、

これからも増加していくことが予想され、

持続可能な街のあり方の

着地地点を探さねば!

といったところからスタートしているのです。

ただし、

実際の街づくり、モノづくりは

"Plan ⇒ Do ⇒ Plan ⇒ Do。。"

の繰り返しなので、

この"Plan"をできるだけたくさん用意しておこう!

といったところです。

さらに、

UR都市機構のニュータウン部は本年度で、

完全廃止(象徴的です。)となり、

その最後の施工場所のひとつである

つくば市の街が、

自発的に"良い街の状態を維持したい"と、

努力をしているため、

着地地点を幾つか用意できないものか。。

。。というのもあり、

維持、保存しながらも"生活"や"商売"をしている

文化財や世界遺産に焦点をあてて

書いていたのですが。。

。。ただ、やはり。

世界遺産"理想と現実がかい離する理由"

などと、

NHKで特集される以上、

逆に、

ここにもヒントが隠されているはずなので、

選定基準寄りの

"登録地域の視点・ユネスコの視点"だけでなく

客観的な

"訪れるヒトやメディアの視点"を含め

両方の視点からの着地地点探し。

。。と、

方向転換してみようと思います。

ちょうど今回が、

ストック型社会ってなに?の99回目なので、

次回からは、

タイトルも変更しようと思います。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪