touchで拡大

目次
1.これからの良識リノベーション
2.リノベの重要なプロセスとは?
 ① プロジェクトのご紹介目的の変化
 ② 現況調査
 ③ 方 針手段の検討
 ④ 視覚化した方針決め
 ⑤ 解 体改善の実行
 ⑥ 組み立て開始
 ⑦ 完 成空間は新陳代謝できる
 
 前図を参照

.

これからの良識リノベーション

リノベーションとは、時間の経過と共に変化する目的を取り入れて、建物を改修し用途変更したり、機能を高めたりすること。

修理・改善という意味を含んでいますが、同時に再開発という意味も持ち合わせています。

つまり、既にあるモノやシステムを創造的に破壊し、全く別の価値をもつモノやシステムに再編するということ。

このため、都市開発から企業改革など、幅広い対象に使われる言葉です。

.

リノベの重要なプロセスとは?

① プロジェクトのご紹介目的の変化

対象は、研究学園都市つくばにある6階建て鉄筋コンクリート造の既存マンション。

高度成長期の団地生活が日本中にもたらしたのが「〇LDK」の間取り。

戦後80年、様々なイノベーションが起こり続けている今でも、多くの住宅の間取りは不自由なまま。

プロジェクトの目的
〇LDKに合わせた日常からの脱却

.

② 現況調査

現況調査で大事なのは、壊して良い所とダメな所を見定めること。

建物がつくられた20年前当時の工事手順を理解し、どうしてこのような空間になっているのかを把握。

.

③ 方 針手段の検討

調査内容からこの場所の特徴を見出し、その特徴を最大限活かすこと、欠点を補うことを考える。(その都度の条件によって変化します。)

大まかな方針
BOX配置で生じる起伏を空間とする

.

④ 視覚化した方針決め

手段の検討は、詳細設計や工事費算定、業者選定の前に行っておきたいプロセス。

その際必要になる道具がモデリング。

最終的には、工事関係者とも視覚的共有ができ、間違いのない工事につながります。

.

⑤ 解 体改善の実行

しっかり計画しておくことで、迷うことなく解体。

.

⑥ 組み立て開始

モデリングによる完成姿をすべての関係者で共有しながら組み立てます。

.

⑦ 完 成空間は新陳代謝できる

使用目的が変化してから幾つかの段階を経て必要の場として完成します。

それは、これからの未来でも同じで、時の経過と共に目的が変化することで、空間が新陳代謝されることになります。

現況調査時の写真と比較してね!
.

選べる4つのモデリングコース

「サンプル画像」「面積による金額一覧」「ご用意して頂く資料」等がご確認いただけます。