世界遺産リストに登録する理由 その2

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です

前回から"白川郷と五箇山の集落"が

世界遺産リストに"登録したい理由"を見ています。

その1つ目理由とは、

"建築史上"で価値があるからということでした。

つまり、

社寺・貴族住宅 ⇒ 民家 ⇒ 農村建築 

といった、

時間軸上での"技術の向上・居住様式の変化"に

価値があるということですが、

さらに、

2つ目の理由として、

この歴史があることで"手に入れることができた価値"。

としています。

具体的には、

①日本に残された"最後の秘境"

②地域文化から生まれた"合掌造り"の"特異な農村景観"

③日本の他の地域には見られない"希少な存在"。

と、

唯一無二の存在といったところに、

"普遍的な価値"を見出しているようです。

さらに、3つ目の理由として

当時、

離村化が進み"壊滅的な状況"であるにも関わらず、

"集落景観を保持"しているのは、

対象の3つの集落のみが、

法律による"保護の措置"がとられている

からだとしています。

リストに登録したい上記3つの理由

・歴史上での価値

・唯一無二の普遍的であるという価値

・法に保護されているという価値

これら3つの"理由"を軸に

文化庁で推薦書が作られたのでした。

これらの理由に対し、

ユネスコが、

ガイドライン上で"求めている"具体的指針は

1つ目が

"歴史上"重要な"建築様式"であること。

または、

"歴史上"重要な"建築的・技術的な集合体"であること。

または

"歴史上"重要な"景観に係るすぐれた見本"であること。

に該当することとし、

2つ目が

固有の文化を特徴づける"伝統的集落"であること。

または、

固有の文化を特徴づける"土地利用の一例"であること。

として。。さらに、

歴史の流れ上、

その"集落、土地利用の存在"が危うくなっている場合。

としています。

前半に記している文化庁の作成した推薦書は、

この2つに照準をあてて書かれているため、

価値のありどころが合致していることが良く分かります。