世界遺産と白川郷

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です

平成7年。

白川郷"荻町集落"は、

五箇山の

平村"相倉集落"と上平村"菅沼集落"とともに

"世界文化遺産"に登録されました。

世界遺産登録後、

この地へ急激に観光客が増えたのは、

"消費対象"として

"世界遺産"が認識されているからです。

しかし実際には、

何を"価値"として"世界遺産登録"されたのか?

については、

とても分かり難く、

この地を訪れたことがあっても

理解できていないヒトは多いと思います。

そこで、

荻町に注目して、

世界遺産登録での"価値付け"を

少し考えてみたいと思います。

"世界遺産"を認定するのは、

国際連合理事会のもとに設置された"ユネスコ"です。

そして"世界遺産"になるためには、

まず、

この"ユネスコ"が総会で決定した

非政府組織であるNGO団体

・国際記念物遺跡会議 ⇒ ICOMOS

・国際自然保護連合 ⇒ IUCN

の指導のもと、

"世界遺産条約履行のための作業指針(ガイドライン)"

に示された"登録基準"のうち

"ひとつ以上"を満たす必要があります。

さらにその"満たすとする基準"の

"オーセンティシティ"。

つまり、

"真正性、信憑性"の審査に通過しなければなりません。

ガイドラインにのっとり、

"文化庁"が作成し"ユネスコ"に提出した

"白川郷・五箇山の合掌つくり集落"の

世界遺産"推薦書"による概要は、

・場所

・法的なデータ

・遺産の内容

・保存状況

・世界遺産リストに登録する理由

の5つの項目と、

説明に必要な地図や図面資料で構成されています。

これら5つの項目の中の2番目。

"法的なデータ"では…

岐阜県 白川郷 ⇒"荻町集落"の場合、

文化財保護法のもと日本国内で決定されている

・"伝統的建造物群保存地区"であること

それに伴って制定された条例で、

・保存計画がつくられていること

として説明されています。

また、

富山県 五箇山 ⇒"相倉集落"

富山県 五箇山 ⇒"菅沼集落"

の場合は、

いずれも1970年に文化財保護法により

歴史的に価値が高いとされる

"国史跡"に指定

と説明されています。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪