いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です。

寄らば大樹の陰。

頼りにするなら、大人数で勢力のあるほうが、

安心で利益も得やすい。

という意味です。

戦後の復興自体は終了し、

復興のために構築された"仕組み"や"システム"が、

そのまま、日本経済を動かしていた2000年代以前、

学生の就職希望先の

"最優先"は、"安定・安心"でした。

いわゆる将来性のある大企業です。

状況に変化が出始めた、2000年以降の

"最優先"は、"能力・個性が生かせる"になりました。

社会に見切りをつけている

"さとり世代"などと、

ひとくくりにするのは簡単なのですが、

大量生産の時代が終わった、いま

"社会の捉え方・関わり方"に変化があるのは、

当然なコトでもあります。

諸説ありますが、

田中角栄氏の残したコトの中に、

誰でも一度は耳にしたことのある、

"数はチカラ"

と、いう有名な言葉があります。

実は、この言葉ちょっと違っていて、

正確には、"数はチカラ"ではなく、

"チカラは数"

と、正しい"民主主義のあり方"を言葉にした内容を

誤って解釈したヒトが多く、そのまま広がったようです。

確かに、

"三国志"など"数がチカラ"ではないから

その歴史に多くのヒトが魅了されるのだと思います。

一方、大量生産。。数。。とは真逆に、

昨年、大企業を退社して、世界で13人しかいない、

デンマークの レゴ本社認定の"プロビルダー"として

独立起業した日本人がいます。

レゴブロックで、あらゆる物をつくってしまうプロなのですが、

まさに、"能力・個性が生かせる"をそのまま体現し、

活動領域に無限の可能性を感じているそうです。

昨今"小さく ・ 少なく"なるコトで、

"大きく動くことができる"ように変化し始めました。

その背景には、

戦争をキッカケに飛躍的に発達したインターネットがあります。

最初は、情報の迅速な交換のため、軍事目的として開発されました。

時が経ち、目的を変え、

その技術で、世界を塗り替えてきた ビル・ゲイツ氏。

2000年に創設した 

"ビル&メリンダ・ゲイツ財団"では、

発展途上国の感染症対策や貧困の改善、教育支援などを

手がけているそうです。

つまり、

健康や生活を変えるイノベーションです。

人工衛星からの地上画像により、

地図にも載っていない集落を発見し、

ワクチンを配布。

簡単には、行くことができない

アフリカ奥地などの食料自給率の向上のため、

通信機器で、耕作地の様子を専門家に見てもらい

きめ細かい農業指導。

まさに、個人で出発し、

"世界"どころか"世界地図"にも載っていない場所での活動。

インターネットを手にした僕たちは、

ゲイツ氏のように、

"たどり着きたい相手"

"たどり着きたい場所"

へ、ダイレクトにたどり着くコトを約束されています。

実は、"大きく ・ たくさん"を必要とした時代では、

おおざっぱな、広告・宣伝・流行などが、

ヒトの"活動領域の数"を限定していました。

それに対し、いま、

たどり着くことが出来るようになった"小さく ・ 少ない"

ニッチ分野 の"活動領域の数"は、

無限に存在します。

今後とも、よろしくお願い致します。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪