世界遺産推薦書

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です

【お知らせ】ボヌール梅園リノベーション第2弾!

マンションオーナーの横田様を筆頭とした

"チームヨコタ"で挑戦している

全く新しい"進化型賃貸マンション"です。

新しい部屋が完成間近のため"特設ページ"を設置しました。

内見募集の詳細は次回お知らせします!

"白川郷・五箇山の合掌づくり集落"の

世界遺産"推薦書"の2項目、

"法的なデータ"を文化庁が作成の際、

白川郷の"荻町集落"は、

"伝統的建造物群保存地区(以下:伝建地区)"として扱われ、

五箇山の"相倉集落"と"菅沼集落"は、

"史跡"として扱われました。

これは、

五箇山の"2つの集落"は、

"伝建地区"制度を整備する"直前"だったため、

集落全体を対象とした"保護制度"がなかったから。

ということなのです。

ん?

"伝建地区"制度は

白川郷には適応して?

五箇山には間に合わない?

とは、

一体どういったことなのでしょうか?

そもそも、

"伝建地区"とは、

文化財保護法により、

歴史的な町並みが残る地区で"価値が高いモノ"。

および、

その地区と"一体で価値を形成している環境"。

とされています。

そして、

実際の保存は、

各市町村が"条例"で定めて施行します。

。。ということで、

五箇山は、

条例の整備が間に合わなかったので、

"相倉集落"と"菅沼集落"は

"史跡"にしたという訳なのです。

しかし、

各市町村が指定する"史跡"の対象も、

歴史的・学術的に価値が高いので、

勝手に"現状変更などしてはいけない"など、

かなり厳しい制度になっています。

それに対し、

"伝建地区"では、

より柔軟な"守り方(保存方法)"が可能なため、

実際の登録の際には、

推薦書の内容を変更し、

白川郷と"守り方(保存方法)"を統一するために、

条例を整備し、

五箇山の2つの集落も

"伝建地区"に選定されました。

次に、

推薦書3項目の"遺産の内容"では、

各地域の"歴史"がまず説明されていて、

この地域が歴史的に、

いかに"隔絶されていた場所"であるか。。

かつては、

日本に残された"最後の秘境"とまで言われていた。

などと説明されています。

それ以外にも

集落の骨格である道路には屋敷地が点在していること。

伝統的建造物の建物についてなど

各集落の特徴が述べられています。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪