傾いてしまった分譲マンションからみる社会のシワ。

こんにちは。

長尾アトリエ の 長尾 です。

 

 

支持地盤まで杭がとどかず傾いてしまった分譲マンションが、

報道されています。

 

 

ボーリングデータの改ざんなど、明らかな"耐震偽装"

なのですが、

 

 

 

供給側は、

着地点が"よく見えない"ながら

"ひとりの担当者の責任"という『カタチ』をつくり、

"担当者が関わった、他の物件も再調査"という『カタチ』で

収束しようとしています。

 

 

報道を見る側は、

『そんな訳ないだろっ!』っと、気づいています。。

 

 

今まで、

対象敷地"隣地のボーリングデータ"をもとに、

『基礎設計依頼』や『基礎設計』してきた

『地盤調査の重要性を理解していない様々な立場の多くのヒトたち』は、

自分の"担当物件が傾かなくて良かった"と胸を撫でおろしています。

 

 

連日、似たような"責任ゴト"が起こります。

 

 

報道されている新築マンションを購入された方々は、

大変お気の毒なのですが、

 

今回は"自殺者"がでないコトを願います。

 

 

 

 

ドコかに"シワよせ"が生じるのが、社会システムの"常"ですが、

このような件に関しては、そろそろ

 

その"シワ"をのばして

よ~く観察し、

『解決の糸口』をみんなで考え、

"発言権"のある企業や個人が"動いていく"コトが必要なのでは

と思います。

 

 

 

北欧の"社会保障システム"に学ぶ、

"増税"なども『解決の糸口』のひとつであると思いますが、

もはや

"政治"だけでは、その"シワの数"を減らすコトは

出来なくなってきています。

 

 

 

そもそも、

供給側と需要側、両者にもたらされた、今回(現在)のような

『結果』は、

戦後復興時からの『住宅すごろく』なる"物語"から始まりました。

 

 

 

 

『住宅すごろく』とは、60年代から70年代にかけて、

①『賃貸アパート(団地)』を振り出しに、

②『分譲マンション』を経て、

③最後は、郊外に『庭付き一戸建て』を買って

"上がり"という"神話"です。

 

 

 

そして、現在

この"神話”自体が、忘れ去られようとする中、

供給過剰により全国で"空き家"が問題になり、

 

 

『多様化する日常スタイル』を許容するコト

空き家などの『建物を再生』させるコト

 

 

が融合し、

『みかんハウス』なる、全9戸・キッチン・トイレ・浴室を共用する

シェアハウスなどの"新しい日常"が生み出され始めています。

 

 

 

当初、シェアハウスは、若者向けが主流だったのですが、

今では、

"多世代が住めるもの""シングルマザー向け"

のモノなども、必要とされています。

 

 

このような出来事は、

 

"既存のモノを再利用しようとする"

または

"再利用可能なように新築する"

 

という、今(これから)の日本にとって、

とても大事な"姿勢"のひとつです。

 

 

しかし、市場の動きを大きく捉えた場合、

多様化する日常とは"平行"に"神話"の時代と同じ方法によって、

今でも、当時と

 

"同じ大きさ"

同じ間取り"

 

で、住まいを"合理的"に供給しようとする姿勢が存在している

のも事実です。

 

 

『住宅すごろく』の"上がり神話"が消滅して30年以上経ちますが

"カタチ"だけを大事にし続けると、

不要な"シワ"を取り除くことが難しくなるのかもしれません。。

 

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪

『 新国立だけが負の遺産なの 』 バックナンバーはこちら

http://nagao-atelier.com/category/negative-legacy/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

http://nagao-atelier.com/ では

不安なく設計施工依頼するための 『 応援 』 をしています。

デザインに興味のある方でしたら、どなたでも楽しめる
内容になっていますので、よろしければご覧ください。