負の遺産って何?

『新国立競技場』の一連の出来事で少しの間、話題になったコトがあります。

それは 《負の遺産》 です。

平たく言ってしまえば「未来のヒトに負債を背負わす」です。

んっ? 《負の遺産》 って 『新国立』 だけなの?

どうやら、もっと“身近”にも、ありそうなので。。。

ご興味ありましたら、しばしお付き合い下さい。

誰もが想像し易い“対象物”としての 『新国立』 の場合、

2020年を “境界” として、

ソレ以前以後での使われ方。。と、総工費を照らし合わせ、

(実際には、それが 《負の遺産》 となるかは、誰にも分からないですが。。)

比較的分かり易く 《負の遺産》 として報道されました。

 

 

一方で、

『カタチあるものは、いずれ壊れる』と言われるように、20世紀が残した、

もっと “身近” な 《負の遺産》 があります。。

 

 

まず、思い当たるのが、

20世紀の “頑張り” で 『上にのびた日常空間』 です。

 

 

今や、築30年以上の、その 『タワーなど』 は、少なく無く、

「個人や企業」所有の “賃貸物件” や “本社ビル” は、今後の

責任の着地点が、なんとなく見えるのですが、

分譲の場合は、室内以外ほとんどが “共有資産” なので

老朽化とともに、現実と直面し、今後、この『タワーなど』と

「どのように向き合えばいいの?」

。。。が、21世紀に残された宿題となっています。

「スクラップ&ビルド」を繰り返すのか?

あるいは、

まさに老朽化で “取り壊し騒動” の渦中にある

故黒川紀章氏が、メタボリズム(新陳代謝:60年代の建築運動)のもと

手がけた、『中銀カプセルタワービル』 のように

“各ユニット空間ごと”新品に取り替かえるコトが出来る仕組みを

もっと、洗練させるのか?

などと。。っと考えながら、ちょっと長くなりそうなので、

次回は、どの時点から 『上にのびた』 のかを整理できればと思います。