ストック型社会と減少

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です

前回のストック型社会ってなに?の最終回で、

角を曲がれば"飛騨牛ステーキ"。

ではなく(そんな高級なものではなく。。)、

角を曲がれば

"飛騨牛のタタキやら炙りやらをのせたにぎり寿司"。

と訂正させてください。失礼しました。(^^;

どうやら"これ"を

せんべいを皿にしたモノにのせて

売っているようで、

皿の回収をしなくて済む上、

皿自体を食べてしまえば、

ゴミがでないといったアイデア商品のようです。。

。。っと、この手の商売が、

高山の観光収益の回復に貢献したようですが、

"観光名所"と"観光客"の"意識のズレ"の妥協点を

せんべい皿にのった飛騨牛握りのままにしとくと、

アジアのダウンタウン化に、

歯止めが利かなくなりそうです。。

さて、

前回99回で100回とすると、

色々"長くなる"のでリセットしました。

そもそも、

ストック型社会の先進国である

イタリア、フランスなどは、

日本に比べて、

個人の収入は少ないのに"ゆとり"があります。

簡単に言ってしまえば、

収支の比率で支出の割合が少ないからなのですが。。

特に日本の場合は、

"戸建住宅"建設費用の割合の大きさが、

世界トップクラスです。

そして、

そのほとんどの場合、

供給側はいまでも、

量産型の仕組みで売っているため、

資産として、

日本社会全体で"共有できる仕組み"にはならず、

費用が高い割には、

欧米に比べ、

資産価値が低いと評されています。

このため、

しっかりした骨組みをもつ"古民家"などの再生は、

かなり昔から継続的に行われているのに対し、

いわゆるニュータウンと呼ばれる街には、

空き家が増加していくことになり、

"誰も住んでいない街"などあはずはない。。

などとは言えなくなる日がくるかもしれません。

では、

どこを目指せばいいのか?

ヒントは、

色んなところにあります。

例えば、

ストック型社会を表す単語には、

・リサイクルでコストと廃棄物の減少

・少量生産で大量生産減少

・森林伐採減少で二酸化炭素排出減少

。。と、

"減少"という単語が付きやすいのです。

減少とは"負のイメージ"を持ちやすいのですが、

ストック型社会の場合、

格段に環境の状態が良くなるなど

"いいことがある"から減少させるんですね。。

さらに欧米の社会では、

これら減少の先に

"ゆとり ⇒ ゆたか"

が、見えていたり、実践しているようです。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪