白川郷の風景ができた理由

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です。

全国に"町並み保存"活動の場として、

"全国町並み保存連盟"なる

NPO団体があります。

最初は、

長野県"妻籠宿"。

奈良県"今井町"。

愛知県"有松町"。

の3つの"保存団体"が、

連帯したことから始まるのですが、

実は、

白川郷"合掌造り保存"のための"民間団体"は、

設立時、

3団体の内のひとつ"妻籠宿"にならって

結成されたのでした。

ちなみに"妻籠宿(つまごじゅく)"とは、

江戸時代の五街道のひとつである

"中山道(木曾街道)"の"42番目の宿場"のことです。

この場所は、

戦後の"経済成長"に伴い、

全国の"伝統的な町並み"が消えていく中、

積極的に

地域を挙げて景観保全活動に取り組んでいました。

そのことが評価され、

1976年、

国の"重要伝統的建造物群保存地区"の

"最初の選定地"として選ばれます。

さて、

白川郷の"合掌造り保存"ですが、

最初は"住民主体"で進行し、

1971年に発足の"憲章(取り決め)"では、

"売らない、貸さない、壊さない"という原則を

軸としました。

これは、

現在でも保存運動に大きな影響を与え続けており、

そしてこの3原則こそ、

"妻籠宿"の保存原則から学んだ規則だったのです。

そのため当初は、

保存会のメンバーが、

"移築""改築""取り壊し"を検討している"各戸"を

説得するために飛び回っていたのです。

そんな中"保存対象"が、

個々の"合掌造りの建物"でなく、

かたまりとしての"集落景観"へと

移行しだしたのもこの時期でした。

この頃のことを紹介した

「日本の民家」という本では、

・主屋以外の付属建物が少ない

・屋敷林がほとんどない

・水田が軒下まで作られている

など、

単体の建物というよりは"景観"の説明が、

ほとんどで、

そして、

このような"景観の特徴"が生まれたのは、

荻街が、

"保存運動"によって"まとまった"から。

と紹介しています。。

つまり、

いまの白川郷の風景は、

もともとあった風景を維持しているだけでなく、

保存運動も貢献した結果だということです。。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪