ソフトとしての建築物

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です

"目を閉じて、何を見よう。"

という"キャッチコピー"とともに

昭和40年代中頃から始まった、

観光地ではない

どこでもない"場所"。。を旅する。

"日本の魅力再発見=ディスカバージャパン"。

ちょうど同じ時期に、

保存・観光にむけて動き出した"白川郷"は、

このキャンペーンの対象として、

格好の場所でした。

この時、

観光対象として宣伝されていたのは、

"五箇山"や"どぶろく祭り"などが中心で、

"合掌造りの建物"や"集落景観"

といったものは、

対象とはされていませんでした。

しかし、

実際に訪れてみると。。"魅了される"。

といったように。。

白川郷にとっては、

別のところで結果に結びついたのでした。

実はいま、

このような"心の動き"を逆手にとる

積極的な

街の"再生"が行われ始めています。

丹下健三氏の手がけた、

広島平和記念資料館のように

その場所を訪れる"誰もが"、

今という"時間"が、

"過去"と"未来"の一直線上にあると認識する。

といった"優れた建築"は、

昔から存在するのですが、

このような場合、

"客の増加"や"街の活性化"をねらって

造った訳ではありません。

いま始まっているのは、

建築物自体の"立ち位置"を変える。

といったことです。

一般的に"ハード"とは、

建築物、機械、道具などのカタチの"有る"もの。

コレに対し"ソフト"とは、

人材教育や意識、情報などのカタチの"無い"もの。

として、

認識しているヒトは多いと思います。

つまり、

建物(器)="ハード"で、

建物に出店する飲食店が、

集客のために、

"人気メニュー"を考えたり

効率的な"宣伝方法"試してみたりする

運営="ソフト"といったところだと思います。

しかし昨今の、

"グッゲンハイム美術館"や"ルーブル美術館"などは、

すでに、

"街"を"ハード"と見立て、

"美術館(建物)自体"を"ソフト"として扱うことで、

"危険"で"未来がない"とまで呼ばれる

重化学工業地域の"跡地"の"再生"にも成功しています。

つまり、

美術館としての器(ハード)を造り、

常設展、企画展(ソフト)を行っていれば

集客はできる。。ではなく、

この美術館がある街に、

住んでいることを誇りに思う。。

この美術館に、

訪れてみたい。。

と地域のヒト・地域外のヒトに思わせている。。

ということです。

計算上、

"負の遺産"となると決め付けられ、

とん挫した、ザハ案の"新国立競技場"。

もし採用されていたら、

何かが大きく変わっていたかもしれません。。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪