観光地白川郷

いつもありがとうございます。

【必要の場をツクル設計事務所】-長尾アトリエ の 長尾 です

"観光地"と"白川郷"が結びつき始めるのは、

昭和40年代にはいってからで、

旅行情報誌"旅"に、

"合掌造り"のことが紹介されてからです。

その、

本格的な"観光"をうながすための内容とは、

"合掌造りの秋どぶろく祭"といったものでした。

白川郷の"どぶろく祭"とは。。

毎年9月末から10月にかけて、

"五穀豊穰・家内安全・里の平和"を"山の神様"に、

祈願するお祭りです。

各集落(地区)ごとにある神社で、

獅子舞、民謡や舞踊などの"神事"が、

基本にあるのですが、

祭りとなると、

いまでも、

あちらこちらの家に訪れ、

食べたり・飲んだり。。。と。

日が暮れると"芸能"と称し、

"伝統芸能"から"仮装の寸劇"まで、

様々な余興が繰り広げられます。

そして、

その名のとおり、

神酒としての"どぶろく"なのですが、

約1300年前頃からすでに、

祭礼用として用いられたそうで、

お祭りでは、

参加するヒトたちにも、

振る舞われるのが"最大の特徴"です。

神社の境内で提供されるので、

静かに酔っ払う。。といった感じです。

さて、

村と観光との結びつきが強くなり始めると、

"心に残るひとり旅コース"などとして、

訪れるルートも一緒に紹介され、

さらには、

"バスで訪ねる合掌造りの集落白川郷"として

"バスツアー"なども

企画されるようになっていきます。。

ただ、

この"結びつき"は、

村内部のヒトたちによる

"観光立村"活動の"賜物!"と、

言い切れるものではなく。。

旧国鉄が個人旅行客の増加を目的に

昭和40年代中頃から始めた、

"日本の魅力再発見、ディスカバージャパン"

の影響も大きく関わっていたのでした。

"目を閉じて、何を見よう。"

という"キャッチコピー"とともに始まった

このキャンペーン。

そもそも、

観光地ではない"どこでもない場所"。

名前もしらない"日本の田舎"を旅することを

大きな声で提唱していたので、

それまでの

いわゆる"観光地"に訪れるといった意識は

"一蹴された"出来事だったのです。。

≪ 長尾アトリエ ≫ 長尾景司 ≪